読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年・今年もありがとうございました!

雑談

こんにちは。
玉紀です。
2016年も、残すところあと数日となりました。
昨年や一昨年は大晦日にご挨拶をしていたのですが、今年は少々早く、皆様に今年のお礼をと思います。

今年は……体調不良に泣かされた年でした……(^_^;)
それでも、書き下ろしを4冊(すべて電子化済み)。
単行本からの文庫化を1冊。
コミカライズを1冊(電子化済み)。
文庫の韓国語版を1冊。
電子書籍のみを1作。
出すことができました。
来年も、ありがたいことに似たような感じでお仕事ができそうです。
毎度毎度、私のペースで申し訳ありませんが、自然体の良い状態で、一作一作、大切に手掛けていきたいと思っております。

サイト公開作品では、3月に『年下ですが貴女を好きになってもいいですか』が完結したのと、サイト6周年記念で始めた『恋桜【改稿版】』がありました。
『恋桜』の完結が6月でしたから、それから半年、短編もあげられないままでしたね……
来年は、せめて新連載の一本くらいは更新していきたいです。
あっ、新年に短編をUPする予定はあるんですよ。(*^^*)

そういえば、やりたくてやれなかったことのひとつに、既存作の改稿がありました。
どれ……とは、申し訳なくて言えないのですが、昨年、ツイッターでなにかのタグにのって某キャラの会話を作ったら、たくさんの「いいね♡」を戴けて嬉しくなっちゃったんですよ。
あとから消すつもりだったのですが、あまりにも嬉しくてそのまま残してしまいました。
で、来年は、新連載をやらなくても某作を改稿しよう。改稿してUPしよう、なんて意気込んでいたんです。(笑)

はい、単純です。
自分でも笑っちゃうほど単純なんですが、私だけじゃなく、創作をしている人ってそういうものだろうな、って思います。
小さな反応でも、戴けるととっても嬉しいものですから。

体調の関係でお仕事の調整が上手くいかなくて、イレギュラー続きでいっぱいいっぱいだったせいもあり、改稿どころか考えている余裕もなかったのが本音です。

ゆっくりでいいから、改稿していきたいですね。
……サイトから下ろして改稿済み……のはずなのに、もう一度読み返したらやっぱりもう少し手を入れたくてUPできていないものもあったり……
なんか、いろいろです。 (○´―`)ゞ 

書くと長くなってしまいますので割愛いたしますが、いろいろな面で、たくさんのことを考えさせられた年でした。
そんな2016年、大変お世話になりました。
私の作品をお読みくださりました皆様に、そして、お気にかけてくださりました皆様に、心より感謝いたします。

来年も、何卒よろしくお願いいたします。
雑談や日々徒然、お仕事関係のお知らせも多いですが、どうぞまた、本館共々、休憩室にもおつきあいいただけますと幸いです。

皆様、良いお年をお迎えください。


     玉紀 直
     2016/12/29


f:id:tamaki_nao:20161221113638j:plain